Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな箱で演りたがらない理由(3)

(前話はこちら)
かたや「高津宮くろもん寄席 桂文枝 追悼特集」は5月29日に寄せさせていただきました。
こちらは文枝一門恒例の演場所・高津神社での「定例くろもん寄席」に“桂文枝追悼”の冠を載せたかたちでの開催です。
客側も定席「くろもん寄席」というのが、そもそも大規模な興業ではなくこじんまりした地域寄席であることははわかっています。大半の客は「くろもん寄席」に数度は顔を出したことのある地域周辺の人々で、枝雀追善会のように大掛かりなエンターテイメント装置やゲスト出演なども期待せず集まってきています。それでもさほど広くない高津会館に100人近くが集まる、いつもにない満員御礼状態の追悼の会となりました。
紋付羽織で一門が正座し勢揃いしてご挨拶、などの仰々しい座もなく、いつものように前座以外はTシャツにジーンズという普段着で舞台袖へ並び
「えー、たくさんのお運び、ほんまに、ありがとうございます。
落語会に“文枝”の名前をつけただけで、こんなにぎょうさん、おいでいただけるんですなあ。」
「ほんまですなあ。ありがたいこっちゃ。師匠のご威光ゆーやっちゃねえ。
この前なんか13人しか来てくれなんだで。(場内、笑)
こんなに来てくれはるんやったら、毎回“文枝追悼”と刷り込んどいといたら、ええんとちゃうか?」

口上のくちから、場内は爆笑・拍手喝采。
「次に、開催するときは“三枝追善”‥‥」
「こらこら!(場内、笑)まだ生きたぁるがな!あんた、思うてても、そないなこと言うたら、あかん。」
「なんや。お前も、願うとるんやないか‥‥(場内、大爆笑)」

文枝一門というと、出世頭が桂三枝、桂文珍ということもあり、関西ローカル人気でも桂小枝という、新作落語で名を馳せたりテレビでのタレントとして有名になった弟子が多いため、「文枝一門はキワモノが多い」イメージがなんとなくあるのも事実。実際ワタシもこの追悼会に三枝や文珍が出演するのであれば、恐らく行かなかったでしょう。
「わたしら弱輩の演るこういう寄席が新聞に載せてもらえるコトなんて、滅多にないんですが。」
「はいはい、そうですねん。(新聞の切り抜きを広げ)、ほら、天下の朝日新聞にこない大きく、載せていただきましてん。」
「“師匠である文枝の追悼会を開催。実力派4人が生前の師匠を偲び‥‥”うわあ!実力派やて!
わしら、実力派やってんや!(場内、笑)」
「ちゃうねん、ちゃうねん。
この記事書かはった記者の人、あんまり落語を知らはらへん人やったらしわ。
んで、そない有名でもないわたしら弟子たちの会やし、書くのに困らはって、そない書いたらしい。」
  (場内、笑)

文枝追悼会、その名にふさわしく、演者一同いつもの自分の得意ネタではなく、敢えて故人・文枝師匠の十八番ばかりをご披露。つく枝『宿替え』、坊枝『天王寺詣り』、枝女太『悋気の独楽』、文也『舟弁慶』。
『天王寺詣り』や『舟弁慶』のような大ネタをちょいちょい噛みながらも、一生懸命演じます。
各々マクラにも
「(前の演者がいる上座を指さし)あやつ、~のところ、こない言いよりましたやろ。
ほんまは、違いますねん、あれ。
師匠やったら、こないな風に‥‥」

とか
「この高津さんでは、師匠もほんまに、よう演らせてもらえてまして。ええ。
ここにこう、座らせてもろてても、あん時の師匠、思い出しますわ‥‥。(場内拍手)」
「このネタは先代(四代目)師匠から“直接つけてもろたネタやさかい”言うて、
たいへん大事にしていたネタでして‥‥。
ワタクシが演じるのもおこがましいネタなんでございますが、演らさせてもらいます。
一席、おつきあいのほどを。」

など、各所各所に故人を偲ぶしゃべりを入れつつ「正統古典の上方落語」ばかりの演し物。先般他界されたばかり、という思い入れの深さもありましょう、こじんまりとした会ながら、とても情の深い良い寄席を見せていただきました。
お茶子も坊枝の娘さん(多分7~8歳ぐらいかな?)が、座布団返しや見台の出し入れ、名札返しをおぼつかない仕草でこなします。本当に「身内で偲ぶ手作りの会」という感じでした。
演者は口にこそせなんだが
「師匠ほどの芸達者になるには、まだまだ修行せなあきませんが
門下一同、文枝師匠の芸をこれからもきっちりと伝えてまいります。
どうぞよろしくご贔屓願います!」

という心意気のよく伝わる気持ちの良い会でした。(つづく)
2005.06.19初出
関連記事

Appendix

Catégorie

Information

このサイトは、かつて「Lankin' A Go! Go!」というサイト名で別URLにて公開していたネタや記事を多く改稿・転載しています。


記事末に初出年月日を記載しています。初出の場合には無記載です。
Directed by Donald Mac

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。