Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供がトリにはばたく日――ある日の米朝一門会

「もう15回も演りましたか…。」
2005年1月の新春恒例・サンケイホール『米朝一門会』が終演。
改築工事のため来年は開かれないサンケイホールの『米朝一門会』。初笑い演芸会に、なにやら少し寂しい気持ちを少しひきずり、あとにいたしました。
『『米朝一門会』はほうぼうで息長く根気よく演り続けられ、回を重ねるごとに盛況になりました。ここ10年ほどは1500人ほどの会場にも入りきれず、簡易イスや立ち見が出るほど盛会な催事です。
サンケイホールには、年配の常連客に混じり、明らかに学生さんだろうと思われる若いカップルが、何組も来ています。
着付けぬ晴れ着の女性も、幾人かご来場されています。初詣の帰りに落語を聴きにいらっしゃったのでしょう。
大学の落研でしょうか、若いグループは何組も群れなし、ホールロビーのあちこちで大きな声を出し騒ぎあっています。
若い彼らは、からむ痰を切り切りおだやかに正月噺を語る中入り前の年寄りを、面白がってくれたでしょうか?


ときに。
ずいぶんとずいぶんと昔の話です。
わたくしが大阪にやってきた頃、背中をまるめロレツの回らぬ語り口で飄々と話す年寄りの噺家がいました。
年寄りの噺はどっ!とウケる様子もなく、常連と思われし中年や初老のオトナの客たちが、老人の噺をクスリクスリと笑いながら、かみしめ味わうようでありました。
どっ!と笑いをとる、というならば、老人のあとに出てきた四角い顔の声の大きな噺家のほうが、はるかに大きな笑いをとっていました。
当時はまだ青臭かったわたくしにも、ただの面白い噺を知るご老人、としか目に映らなかったものです。


老いた噺家の名は松鶴、といいました。


先にも後にも、六代目松鶴師匠の噺をじかに聞くことができたのは、その一度きり。しばらくして上野動物園のパンダが死んだ日に鬼籍に入られます。弟子にあとあとまで
「ウチの師匠が亡くなった記事は、パンダの死んだ記事の1/10の扱いやった。
 ウチの師匠はパンダ以下かい!」
とネタにされてしまうことになります。


あの日わが目に映った松鶴師匠が、今日サンケイホールに集まるこの若いかたがたに映る米朝さんなんだ――そう思うと、心の声が大きくなるのでありました、このおじいさんはね、カツラ・ベイチョウさんといってだね、当代きってのネタ持ち噺家でね、上方落語をここまで大きく育てた立役者でね、すっごい博識でね、偏固でね、素晴らしいお弟子さんをたくさん育ててね、古い噺もぎょうさんぎょうさん掘り起こしてだね、えーっと…生気あふれる彼らの後姿に向かい米朝さんのなんたるかを伝えたく、心の声を大にしているのでありました。
しかし。
あの日、松鶴師匠の面白さを教えたかったであろう老練の常連たちの目線がなにを意味するか、ワタクシがまったく受け止められなかったように、ワタクシの心の声も彼ら若いお客さんがたには、なにも届きますまい。


あの日いちばん面白かったのが若き仁鶴だったように、この日最もウケていたのは南光・ざこばでした。
そして、トリの小米朝。
「えー。たくさんのおはこび、ありがとうございます。七光りでございます」
で始め、
「どこかで聞いたような噺、たとえば親が人間国宝だとか…ええ。そんな噺がございましてえ」と振ってから始めたのは『親子茶屋』。そう、米団治直系の正統噺で堂々と催事を締める息子の熱演でした。


噺終わったあと小米朝は
「サンケイホールは本年より改修されるのでございまして、来年の一門会はございません。
 再来年には、また新しく、生まれ変わるそうでございます。
 そのときにはどうか、またのおはこびを。」
と深々と丁寧に頭を下げ、鳴り物とともに幕を締めました。
見慣れたサンケイホールの緞帳が、いつものように降りてゆきます。ほんとうに、いつもいつも見てきたときと同じように。同じように。


建物を出てふと振り返ると、ちょうど晴着のように瀟洒なビル群に周囲を囲まれ、すっかりくすみ小さく古ぼけてしまったサンケイホールのシルエットが、こじんまり。
初出:2005.01.08



2005/01/29 14:25 投稿者:aitea2003
しみじみと読ませて頂きました。

2005/01/29 15:34 投稿者:Donald_Mac
http://d.hatena.ne.jp/aitea2003/
のかたですね。ありがとうございます。


(追記)
パンダと同じ命日は、笑福亭松鶴ではなく三遊亭円生とのご指摘をいただきました。追記させていただきます。 2008.12.10
関連記事

Appendix

Catégorie

Information

このサイトは、かつて「Lankin' A Go! Go!」というサイト名で別URLにて公開していたネタや記事を多く改稿・転載しています。


記事末に初出年月日を記載しています。初出の場合には無記載です。
Directed by Donald Mac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。