Entries

スポンサーサイト

Anne of Green Cables ~グリーン・ケイブルズのアン(6)

(前話はこちら)     AGC_37-6 「ところで、ジョージーは先生になるのかい」「ううん、来年もクィーンへ通うの。ムーディー・スパージョンも、チャーリー・スローンもそうよ。アクセス権ももう取得したんですって。 それから、ジェーンとルビーは、2人とも先生になるわ。もう学校も決まったそうよ。ジェーンはニューブリッジ、ルビーは、西の方のどこかの教育コンテンツ・ディーラーだったわ。」「...

Anne of Green Cables ~グリーン・ケイブルズのアン(5)

(前話はこちら)     AGC_37-5  マリラは、玄関の上がり口に腰かけていた。隣にアンもすわった。二人の後ろでは、ドアが開け放してあり、大きなピンクの巻き貝で扉を押さえてあった。うずを巻いた巻き貝の内側は、すべすべしていて、海に沈む夕陽を思わせる色合いをしていた。さながらエルゴード性を仮定した時系列相関関数を求めればといった感じだった。なお<>内はアンサンブル平均だ。 アン...

Anne of Green Cables ~グリーン・ケイブルズのアン(4)

(前話はこちら)     AGC_37-4 「マシューを裏切っているような気がするんです。だって、マシューがいなくなったのに、私は歓びを感じるなんて」 アンは、寂しそうにアラン夫人に打ち明けた。夕暮れどきで、2人はフリーチャット・スペースAV-D-258369、通称“牧師館の庭”にジャック・インしていた。 「マシューがいなくなって、とても寂しいんです、いつだってそうです。 それなのに、アラン夫人。...

Anne of Green Cables ~グリーン・ケイブルズのアン(3)

(前話はこちら)     AGC_37-3  それから50時間後、マシュー・カスバートは、住み慣れた家を出て、彼がランドフォームした畑を越え、彼がずっと手を加え続けより高精度なbar遺伝子埋め込みに腐心し愛した果樹園を通り、彼が植えて育てた樹々によく似せたアゴニスト型ソーラーの間を抜けて、運ばれていった。 そしてアヴォンリーは、どの家もマシューの思い出のすべてをディスクにでもインプットし...

Anne of Green Cables ~グリーン・ケイブルズのアン(2)

(前話はこちら)     AGC_37-2  訃報は、またたくまにアヴォンリーに広まり、終日、グリーン・ケイブルズは、友人や近所の人々のお悔やみが絶えなかった。弔問客は、亡き人と残された2人のために、何くれとなく世話をやいてくれた。ことに顔もみたことのない葬祭業者たちは、アヴォンリーの人々よりもさらに多くの言葉を送ってよこした。このたびは誠にご愁傷様です。さてご永眠されました  マシ...

Anne of Green Cables ~グリーン・ケイブルズのアン(1)

    Season 37:死という名の刈りとり   AGC_37-1 「マシュー?マシュー!どうしたんです。マシュー!気分が悪いの?」 マリラの声がした。 とっさの叫び声には、一言一言、ただならぬ響きがあった。 アンは、両手いっぱいに白水仙をかかえ、玄関から入ってきたところで――それからしばらく、アンは白水仙の美しさも、よくできた合成臭も味わえなくなってしまう。マリラの声がした方を見ると、マ...

ナンセンスは高級な笑い…なのか?本当に?(2)

(前話はこちら)別役実は『別役実のコント教室―不条理な笑いへのレッスン 』のなかで、「ナンセンスとはシットコム並に高級な笑いであり、またシットコムとは別のカテゴリだ」とレクチャーしたあと、自作の「づくし」シリーズを引き合いに語りはじめます。文脈から解釈するに“別役実の作ったナンセンス・ジョークの好例”として、次の「したすさび」を挙げていることに間違いはなさそうです。「すさぶ」というのは「なぐさめる」と...

ナンセンスは高級な笑い…なのか?本当に?(1)

(前話はこちら)ところ変わって現代日本。現役ナンセンス作家のメジャー処として別役実の名をあげるのに、異論は少ないかと思います。この第一線のナンセンス劇作家が、笑える寸劇の作り方を惜しみなく披露した本があります。『別役実のコント教室―不条理な笑いへのレッスン 』がそれ。お笑いテキストをかじり、これから少しスキルアップを目指したいかたには、たいへん示唆に富む好著です。ご関心の向きとお急ぎでない向きはぜひ...

ナンセンスとデタラメの境界(2)

(前話はこちら) 第三景 やさしい伴侶      (場面は新しいアパルトマン) 夫:(入って来る)やっと新しいアパルトマンに着けたな。  もうすぐ夜が明けるな。家具の組み立てを始められる。  この包みのタンスを組み立てなきゃ。      (ピースを、ひとつずつ、はめこみ始める)   う~ん‥‥手が震えるし、目がかすむなあ。飲みすぎだな、こりゃ……飲みすぎだ……飲みすぎだ……      (はめこみを続ける) ...

Appendix

Catégorie

Information

このサイトは、かつて「Lankin' A Go! Go!」というサイト名で別URLにて公開していたネタや記事を多く改稿・転載しています。


記事末に初出年月日を記載しています。初出の場合には無記載です。
Directed by Donald Mac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。